Twilight boring memorandum.

忘れないようにするためのメモ。

TeamSpeak 3 Client 3.3.0 Release

145th Posted
Date : 2019/06/26 20:41.38 ()
Category : Software

更新

古いテンプレート使ってる人は注意してください


原文

=== Client Release 3.3.0 - 18 Jun 2019
! Updated Qt framework to 5.12 LTS releases.
! Updated Opus codec to version 1.3 to introduce lots of quality improvements,
  new features, and bug fixes.
! This version of the TeamSpeak Client requires macOS 10.12 (Sierra) or later.
! The HTML style tag is no longer supported in infoframe templates. All addon
  authors should use the <stylename>_chat.qss file for CSS style definitions
  instead.
! Updated Plugin API version to 23.
* Increased size limit for text messages to 8 KiB.
* Updated easy-permission templates to use Opus instead of Speex/CELT codecs.
* Spacer tags in channel names will now be omitted in infoframe templates.
* Improved pagination support for banlist and clientdblist for plugin API.
+ Added additional variables to infoframe templates.
+ Implemented multi-select for clients in the servertree.
+ Implemented multi-track recording feature, to allow recording each client's 
  audio stream independently.
+ Added support for signed badges to prevent usage of fake data. Note, that
  this feature requires TeamSpeak Server version 3.8.0 or later.
+ Added support for URL tagging in incoming text messages.
+ Added support for myTeamSpeak ID bans in virtual server banlist.
+ Added support for Windows tiles. Thanks to our user RandomHost for providing
  the material.
+ Added support for updated license types (Gamer, Commercial, Sponsorship).
+ Added invoker data for onPluginCommandEvent(). Note, that server-side support
  for this API change will be introduced with TeamSpeak Server version 3.9.0.
- Fixed a freeze in easy-permission settings when switching between different
  templates.
- Fixed a bug where default profiles could be deleted in settings.
- Fixed crashes reported by crashdumps.

日本語訳

=== クライアント リリース 3.3.0 - 2019年6月18日
! Qtフレームワークを5.12 LTSに更新しました。
! Opusコーデックをバージョン1.3にアップデートし、品質の向上、新機能の追加、
  およびバグ修正をしました。
! このバージョンのTeamSpeakクライアントには、macOS 10.12(Sierra)以降が必要です。
! HTMLスタイルタグは、infoframeテンプレートではサポートされなくなりました。 
  アドオン作者は、CSSスタイル定義のために <stylename>_chat.qss ファイルを使用してください。
! プラグインAPIのバージョンを23に更新しました。
* テキストメッセージのサイズ制限を8KiBに増やしました。
* 簡易権限テンプレートを更新して、Speex/CELTコーデックの代わりにOpusを使用するようにしました。
* チャンネル名のスペーサータグは、infoframeテンプレートでは省略されるようになりました。
* プラグインAPIのbanlistおよびclientdblistのページネーションが改善されました。
+ infoframeテンプレートに追加の変数を追加しました。
+ サーバツリー内のクライアントに対して複数選択を実装しました。
+ 各クライアントのオーディオストリームを独立して録音できるように
  マルチトラック録音機能を実装しました。
+ 偽データの使用を防ぐために署名されたバッジのサポートを追加しました。
  この機能にはTeamSpeak Serverバージョン3.8.0以降が必要です。
+ 受信テキストメッセージ内のURLタグ付けのサポートを追加しました。
+ 仮想サーバーのBANリストにmyTeamSpeak ID BANのサポートを追加しました。
+ Windowsタイルのサポートを追加しました。資料を提供してくれたユーザーRandomHostに感謝します。
+ 更新されたライセンスタイプ(ゲーマー、商用、スポンサーシップ)のサポートを追加しました。
+ onPluginCommandEvent() に実行者データを追加しました。 
  このAPIの変更に対するサーバー側のサポートはTeamSpeak Serverバージョン3.9.0で導入される予定です。
- 簡易権限テンプレートを切り替えるときにフリーズするのを修正しました。
- デフォルトのプロファイルが設定から削除される可能性があったバグを修正しました。
- クラッシュダンプによって報告されたクラッシュを修正しました。


スポンサーリンク