Twilight boring memorandum.

忘れないようにするためのメモ。

TeamSpeak 3 Server 3.5.0-3.7.1 Release

142nd Posted
Date : 2019/04/13 14:40.00 ()
Category : Game

更新


原文

=== Server Release 3.7.1 28 March 2019
Changed: Improved modification prevention of unique server identifier

Fixed: Regression of permission bypass checks.
Fixed: A rare crash when using the ServerQuery.

=== Server Release 3.7.0 19 March 2019
Important: Future releases of the Linux server will require glibc 2.17 or newer.
           Any older version will not be supported anymore.

Added: New experimental features for the upcoming TeamSpeak 5 Client.
Added: Server now logs when deleting someone else's avatar.
Added: The IP address of a connecting Se
Query client is now logged.
Added: The query commands `clientlist -ip` and `clientinfo` show the IP address
       of connected query clients.
Added: Restricted the amount of possible ServerQuery connections to five per IP.
       Whitelisted IPs ignore this limit, and the limit can be changed using
       `instanceedit serverinstance_serverquery_max_connections_per_ip=<limit>`
       in the ServerQuery.

Changed: Updated default license to be valid until the 31st of January 2020.
Changed: ServerQuery clients will no longer have their IP address added to the
         default nickname.
Changed: The query command `privilegekeyadd` will no longer create privilege
         keys for query groups.

Fixed: Improved speed of clientdblist.
Fixed: Unicode support in interactive query ssh sessions.
Fixed: IP-Location database is up to date again.
Fixed: Server crash when a client sent a malformed login.
Fixed: Broken ban pattern matches on older Linux platforms.

Removed: Legacy codecs (Speex, CELT) can no longer be selected when creating
         or editing channels. Support for these codecs will be removed with
         future server releases.
Removed: Permission 'b_client_issue_client_query_command' was removed, because
         it was not being used for anything.

=== Server Release 3.6.1 30 january 2019
Fixed: Adding a client channel permission will set the correct values again.
Fixed: Fixed server crash related to adding a lot of server queries.

=== Server Release 3.6.0 22 january 2019
Added: Crashes on Windows and Linux will create dumps in the new "crashdumps" directory.
Added: New query commands for adding, removing and listing of server query logins.
       * queryloginadd  => adds new query logins
       * querylogindel  => delete an existing query login
       * queryloginlist => list the query logins
       For more information use `help <command>` in the query.

Changed: SSH-Query is enabled by default.
         To disable it start the server with "query_protocols=raw" 
Changed: LD_LIBRARY_PATH is not needed anymore.
Changed: Improved query history for ssh connections.

Fixed: Privilege keys are again deleted when used.
Fixed: Server crashed on older Linux kernels on startup.
Fixed: "Failed to register local accounting service" should happen less often on windows.

=== Server Release 3.5.1 18 december 2018
Fixed: Exploits that allowed to bypass permission checks.
       The exploits allowed to gain talk power and channel commander temporarily,
       to set their own avatar and client descriptions,
       and made it possible to prevent a client ban.

=== Server Release 3.5.0 29 october 2018
Added: Option added to ban users via mytsid or for not having a mytsid.
       Example: banadd mytsid=AaqQu8Z/CzDMxRZ87P5oWpYempDPoO9K3l3VErhVPo+j banreason=banned\smytsid
       Example: banadd mytsid=empty banreason=banned\severyone\sthat\sdoesn't\shave\sa\smytsi
Added: Ability for the the commands 'clientinfo', clientdbinfo, 'clientgetids', 'clientgetdbidfromuid', 'clientgetnamefromuid', 
       'clientgetnamefromdbid' and 'clientgetuidfromclid' to send more then one query at the same time.

Removed: Permission 'b_serverinstance_version_view' and 'i_needed_modify_power_serverinstance_version_view'
         and access to the 'version' command can not be restricted anymore.
Removed: Permission 'b_channel_create_private'. This feature never made it into the server.

Fixed: Privilegekeys remain valid when used by a user that can not receive the group in question.
Fixed: The command 'privilegekeydelete' returns 'ok_no_update' now, when the key did not exist in the first place.
Fixed: Privilegekeys that contain non printable ASCII characters are now rejected before checking in the database.
Fixed: Mistakes in the 'server_quickstart' and in the server query documentation have been removed.
Fixed: Trying to delete a virtual server with id '0' will result in 'server_invalid_id' now.

日本語訳

=== サーバ リリース3.7.1 2019年3月28日
変更: 一意のサーバ識別子の修正防止を改善しました。

修正: 許可回避チェックの回帰を修正。
修正: ServerQueryを使用しているときにまれにクラッシュするのを修正。

=== サーバ リリース 3.7.0 2019年3月19日
重要: Linuxサーバーの将来のリリースにはglibc 2.17以降が必要になります。

追加: 今後のTeamSpeak 5クライアント用の新しい実験的機能。
追加: 他の人のアバターを削除すると、サーバーはログを記録するようになりました。
追加: 接続中のServer QueryクライアントのIPアドレスがログに記録されるようになりました。
追加: 問い合わせコマンド `clientlist -ip` と ` clientinfo` は接続されている
      問い合わせクライアントのIPアドレスを表示します。
追加: ServerQuery接続数をIPあたり5に制限しました。
      ホワイトリストIPはこの制限を無視し、制限は次のように変更できます。
       `instanceedit serverinstance_serverquery_max_connections_per_ip=<limit>`

変更: 2020年1月31日まで有効になるようにデフォルトライセンスを更新しました。
変更: サーバークエリークライアントは、デフォルトのニックネームに自分のIPアドレスが追加されなくなります。
変更: クエリーコマンド `privilegekeyadd` はもうクエリーグループのための特権キーを作成しません。

修正: clientdblist の速度が向上しました。
修正: 対話式クエリーのSSHセッションでUnicodeをサポートの修正。
修正: IPロケーションデータベースはを最新の状態にしました。
修正: クライアントが不正な形式のログインを送信したときにサーバーがクラッシュするのを修正しました。
修正: 古いLinuxプラットフォームでのBANのパターン一致が壊れているのを修正。

削除: 従来のコーデック(Speex、CELT)は、チャンネルを作成または編集するときに選択できなくなりました。
      これらのコーデックのサポートは、将来のサーバーリリースでは削除される予定です。
削除: 権限 'b_client_issue_client_query_command' は削除されました。何にも使用されていなかったためです。

=== サーバ リリース 3.6.1 30 2019年1月30日
修正: クライアントチャネル権限を追加すると、正しい値が再度設定されます。
修正: 大量のサーバークエリ送信することに関連するサーバークラッシュを修正しました。

=== サーバ リリース 3.6.0 2019年1月22日
追加: Windows, Linuxでクラッシュすると、"crashdumps" という新しいディレクトリにダンプが作成されます。
追加: サーバークエリログインの追加、削除、一覧表示のための新しいクエリコマンドが追加されました。
       * queryloginadd  => 新しいクエリログインを追加
       * querylogindel  => 既存のクエリログインを削除
       * queryloginlist => クエリログインの一覧表示
       より詳しい情報を得るには、クエリで `help <command>` を使用してください。

変更: SSH-Queryはデフォルトで有効になっています。
      無効にするには、 "query_protocols=raw" でサーバを起動します。
変更: LD_LIBRARY_PATH はもう必要ありません。
変更: SSH接続のクエリ履歴が改善されました。

修正: 特権キーは使用時に再び削除されるようになりました。
修正: 起動時に、古いLinuxカーネルでサーバーがクラッシュするのを修正しました。
修正: "Failed to register local accounting service" というメッセージはWindowsではあまり発生しなくなりました。

=== サーバ リリース 3.5.1 2018年12月18日
修正: 権限チェックを回避する脆弱性。
      この脆弱性は一時的にTalk Powerとチャンネル司令官を獲得することを可能にし
      自分のアバターと説明を設定し、BANを防ぐことが可能になりました。

=== サーバ リリース 3.5.0 2018年10月29日
追加: mytsidを持っているまたはmytsidを持っていないユーザーをBANするオプションが追加されました。
       例: banadd mytsid=AaqQu8Z/CzDMxRZ87P5oWpYempDPoO9K3l3VErhVPo+j banreason=banned\smytsid
       例: banadd mytsid=empty banreason=banned\severyone\sthat\sdoesn't\shave\sa\smytsi
追加: コマンド 'clientinfo', clientdbinfo, 'clientgetids', 'clientgetdbidfromuid', 'clientgetnamefromuid', 
      'clientgetnamefromdbid', 'clientgetuidfromclid' が同時に複数の照会を送信する機能を追加しました。

削除: 'b_serverinstance_version_view' と 'i_needed_modify_power_serverinstance_version_view'
      の許可と 'version'コマンドへのアクセスはもう制限できません。
削除: 権限 'b_channel_create_private' は、サーバーから削除されました。

修正: 問題のグループを受けることができないユーザーによって使われるとき、特権キーは有効なままです。
修正: キーが存在しなかった場合、'privilegekeydelete' コマンドは 'ok_no_update' を返します。
修正: 印刷不可能なASCII文字を含む特権キーは、データベースをチェックする前に拒否されるようになりました。
修正: 'server_quickstart'とサーバークエリドキュメントのミスは、取り除かれました。
修正: IDが '0' のサーバを削除しようとすると 'server_invalid_id' になるのを修正。


スポンサーリンク