Twilight boring memorandum.

忘れないようにするためのメモ。

TeamSpeak 3 Server 3.10.0-3.10.2 Release

151st Posted
Date : 2019/12/27 20:43.06 ()
Category : Game

更新

新しいクライアントも出て、昔に比べると随分変わりましたね!


原文

## Server Release 3.10.2 20 November 2019

### Fixed
- No more `invalid parameter` when user had no active TeamSpeak-Account (myTS).
- Using the initial privilege key on login resulted in a crash.

## Server Release 3.10.1 18 November 2019

### Fixed
- Whispers check `i_client_whisper_power` and `i_client_needed_whisper_power` permissions again.

## Server Release 3.10.0 6 November 2019

### Important
- TeamSpeak Client 3.3.0 or later is needed to connect to this and upcoming server
  releases.

### Added
- New channel property `channel_unique_identifier` that contains a channel UID that 
  is unchanged by snapshot import/exports.
- New compressed snapshot format that is easier to use.
- New optional parameter `-keepfiles` for `serversnapshotdeploy` that doesn't delete 
  files of channels that exist in the snapshot and on the server.
- New optional parameter `password` to snapshot commands for specifying an optional 
  password to encrypt the snapshot. The password is always being omitted from the 
  log files.
- New command line parameter `hints_enabled`(defaults to `1`).
  When enabled, the server will send permission hints to clients, that allows clients
  to know, if certain actions are likely to succeeded or not.

### Changed
- New embedded default license is valid until the 1st of July 2020.
- Improved TeamSpeak Server performance, and reduced packet loss on very busy servers.
- Allocation of client IDs has been changed.
- Permission `i_ft_file_delete_power` is now required to overwrite a file.

### Fixed
- "Server Admin Token" has been renamed to "Server Admin Privilege Key" in the new 
  server window.
- Fixed a few potential crashes.
- Fixed database error when getting the same custom property assigned twice on MariaDB.
- Fixed `clientgetids` incorrectly returning `database empty result set` when more then 
  one client was connected with the queried `cluid`.

日本語訳

## サーバー リリース 3.10.2 2019年11月20日

### 修正
- ユーザーがアクティブなTeamSpeak-Account(myTS)を持っていなかった場合、これ以上 `無効なパラメーター`のエラーが発生することはありません。
- ログイン時に初期特権キーを使用すると、クラッシュが発生するのを修正しました。

## サーバー リリース 3.10.1 2019年11月18日

### 修正
- ささやきは、 `i_client_whisper_power` と ` i_client_needed_whisper_power` のパーミッションを再度チェックします。

## サーバー リリース 3.10.0 2019年11月6日

### 重要
- このリリースおよび今後リリースされるサーバーに接続するには、TeamSpeak Client 3.3.0以降が必要です。

### 追加
- New channel property `channel_unique_identifier` that contains a channel UID that 
  is unchanged by snapshot import/exports.
- 使いやすい圧縮スナップショット形式を追加しました。
- New optional parameter `-keepfiles` for `serversnapshotdeploy` that doesn't delete 
  files of channels that exist in the snapshot and on the server.
- スナップショットを暗号化するためのオプションのパスワードを指定するための新しいオプションのパラメーター `password`。パスワードは常にログファイルから省略されます。
- 新しいコマンドラインパラメーター `hints_enabled` (デフォルトは `1`)。
  有効にすると、サーバーは許可のヒントをクライアントに送信します。
  これにより、クライアントは特定のアクションが成功する可能性があるかどうかを知ることができます。

### 変更
- 新しい組み込みのデフォルトライセンスは、2020年7月1日まで有効です。
- TeamSpeakサーバーのパフォーマンスが向上し、非常にビジーなサーバーでのパケット損失が減少しました。
- クライアントIDの割り当てが変更されました。
- ファイルを上書きするには、 `i_ft_file_delete_power` の権限が必要になりました。

### 修正
- "Server Admin Token" は、"Server Admin Privilege Key" に名前が変更されました。
- いくつかの潜在的なクラッシュを修正しました。
- MariaDBで同じカスタムプロパティを2回割り当てたときのデータベースエラーを修正しました。
- Fixed `clientgetids` incorrectly returning `database empty result set` when more then 
  one client was connected with the queried `cluid`.


スポンサーリンク