Twilight boring memorandum.

忘れないようにするためのメモ。

TeamSpeak 3 Server 3.8.0-3.9.0 Release

146th Posted
Date : 2019/06/26 21:02.00 ()
Category : Software

更新

glibc の要求バージョンが上がってます


原文

## Server Release 3.9.0 24 June 2019

### Added
- Support for new license types (Gamer, Commercial, Sponsorship).
- `clientaddservergroup` and `clientdelservergroup` allowing to add and remove one
  or more server groups to a client.

### Changed
- `servergroupaddclient` and `servergroupdelclient` allow to add and remove one
  or more clients to a server group.
- `quit` can be used while being flood banned.
- `channeledit`, `channelpermlist` and `custominfo` return 
  more appropriate error codes.
- `servertemppasswordadd` does not allow a zero duration.
- Parsing of boolean parameters has been made more restrictive.
- Plugin command notifications contain invoker data.

### Fixed
- QueryAdmin-Password and ServerAdmin-Token are printed again, when starting the
  TeamSpeak 3 Server using the startscript or with the daemon parameter.
- A crash related to 'set_option: Bad file descriptor' has been fixed.
- Temporary passwords are being checked for clients with the
  ignore server password priviledge. 
- A bug where some ServerQuery notifications were sent twice after using
  `servernotify`
- `serverlist -short -uid` works as expected now.
- `clientlist -badges` shows all client badges again.
- Startscript checks if instance is already running.
- Server did not start any longer on some Linux systems 
  Thank you 'Ragyal'.

=== Server Release 3.8.0 28 May 2019

Important: This release requires GNU C library (glibc) 2.17 or later on Linux. If you need to
           check which version of glibc is installed on your system, you can use `ldd --version`,
           which usually comes with any glibc installation.
Important: Client badge information is now signed to prevent using fake data. Badges in the old
           format will not be visible on this server.
           TeamSpeak Client version 3.3.0 with support for signed badges will be available soon.

Added: The query command `banlist` now supports optional pagination parameters.
       Please refer to the ServerQuery documentation for details.
Added: Temporary passwords are now stored in the database and will be loaded on start.
Added: New command line parameters 'daemon' and 'pid_file'. This makes it possible
       to start the server as a daemon.
Added: Channel properties and permissions to support channel banners.
       This feature requires TeamSpeak Client version 5.

Changed: The startscript restart parameter now allows to use more than one parameter.
Changed: New server logs are no longer created with a BOM.
Changed: Server / channel icons will not display as negative values anymore in ServerQuery.
Changed: ServerQuery commands `clientlist -ip` and `clientinfo` won't display brackets around IPv6
         addresses of clients anymore.
Changed: Max size of text messages has been increased to 8 KiB for improved usability in upcoming
         TeamSpeak Client releases.

Fixed: Reduced packet loss on systems under high load.
Fixed: In some rare case the server did crash when shutting down a virtual server.
Fixed: The startscript restart parameter could not be used when ran outside the server directory.
Fixed: Server did report the ability to create channels to the weblist in cases where a client
       could not create any channel.
Fixed: No more 'Error querying client connection info: 1796' messages in the client log.
Fixed: Server freezes related to heavy server usage.
Fixed: Critical log messages on startup do not create cores.

日本語訳

## サーバー リリース 3.9.0 2019年6月24日

### 追加
- 新しいライセンスタイプ(ゲーマー、商用、スポンサーシップ)のサポート
- `clientaddservergroup` と `clientdelservergroup` は1つ以上のサーバーグループを
   クライアントに追加したり削除することを可能にします。

### 変更
- `servergroupaddclient` と `servergroupdelclient` は1つ以上のクライアントを
  サーバーグループに追加したり削除することを可能にします。
- `quit` は洪水BANの間に使用することができます。
- `channeledit`、` channelpermlist`、`custominfo` はより適切なエラーコードを返します。
- `servertemppasswordadd` は0秒の時間を許しません。
- ブールパラメータの解析はより制限的になりました。
- プラグインコマンド通知には実行者データが含まれています。

### 修正
- 開始スクリプトまたはdaemonパラメータを使用してTeamSpeak 3 Serverを起動すると、QueryAdmin-PasswordとServerAdmin-Tokenが再度表示されます。
- 'set_option: Bad file descriptor' に関連するクラッシュが修正されました。
- サーバーパスワードを無視する特権を持つクライアントの一時パスワードがチェックされています。
- `servernotify`を使った後にいくつかのServerQuery通知が二度送られたバグ
- `serverlist -short -uid` は現在期待通りに動作します。
- `clientlist -badges` は再び全てのクライアントバッジを表示します。
- 開始スクリプトはインスタンスがすでに実行されているかどうかを確認します。
- 一部のLinuxシステムでサーバーが起動しなくなった。ありがとう Ragyal。

=== サーバー リリース 3.8.0 2019年5月28日

重要: このリリースには、Linux上でGNU Cライブラリ(glibc)2.17以降が必要です。
      あなたのシステムにどのバージョンのglibcがインストールされているかを調べる必要がある場合は、 `ldd --version` を使うことができます。
重要: 偽データを使用しないように、クライアントバッジ情報に署名しました。
      古い形式のバッジはこのサーバーに表示されません。
      署名付きバッジをサポートするTeamSpeak Clientバージョン3.3.0が近日中に利用可能になる予定です。

追加: クエリコマンド `banlist` は現在オプションのページングパラメータをサポートしています。
      詳細についてはServerQueryのドキュメントを参照してください。
追加: 一時パスワードはデータベースに保存され、起動時にロードされます。
追加: 新しいコマンドラインパラメータ 'daemon'と 'pid_file'。
      これにより、サーバーをデーモンとして起動することができます。
追加: チャンネルバナーをサポートするためのチャンネルプロパティと権限を追加。
      この機能にはTeamSpeakクライアントバージョン5が必要です。

変更: 開始スクリプトのrestartパラメータで、複数のパラメータを使用できるようになりました。
変更: 新しいサーバーログはBOMで作成されなくなりました。
変更: ServerQueryで負の値を設定すると、サーバー/チャンネルアイコンが表示されなくなります。
変更: ServerQueryコマンドの `clientlist -ip` と `clientinfo` は、クライアントのIPv6アドレスを囲む括弧をもう表示しません。
変更: 今後のTeamSpeakクライアントのリリースでの使いやすさを向上させるために、テキストメッセージの最大サイズが8 KiBに増えました。

修正: 高負荷下のシステムでのパケット損失を削減しました。
修正: まれに、仮想サーバーをシャットダウンしたときにサーバーがクラッシュすることがありました。
修正: 開始スクリプトのrestartパラメータは、サーバディレクトリ外で実行されたときには使用できませんでした。
修正: Server did report the ability to create channels to the weblist in cases where a client
       could not create any channel.
修正: クライアントログに "Error querying client connection info: 1796" というメッセージが表示されなくなりました。
修正: サーバーの使用率が高いとサーバーがフリーズする。
修正: 起動時のクリティカルなログメッセージはコア(恐らくコアダンプ)を作成しなかった。


スポンサーリンク